So-net無料ブログ作成
お出かけ系 ブログトップ

茨城県畜産センター公開デー [お出かけ系]

秋になると各地で色々とイベントが開催されますが、今日は石岡市にある茨城県畜産センターへと行って参りました。

朝10:00から開始のところ、到着したのは10:30ごろ。かなり山の中にあるにも関わらず、駐車場には既にたくさんの車が止まっており、帰る人もちらほら(早っ!)。そんな駐車場のすぐ隣は、だだっ広い放牧地になっており、のんびりと牛が草を食んでいました。

 

動物触れ合いコーナーでは子豚とヒヨコにさわれます。



どうやら子豚は集まるのが好きなようです。



ヒヨコは種類別に箱詰めされていました。



烏骨鶏は、ヒヨコのうちから既に嘴が黒いです。



続いて牛の餌やり体験コーナー。牛一頭ごとにすべて名前がついています。



口元から涎がタラ~リ、風に揺れていました。



アップで一枚お願いしたら、睨まれてしまいました。




餌やり体験コーナーの隣では、乳絞り体験も。



今回初めて牛の乳首に触れたのですが、乾燥して肌荒れした時の親指の関節の皺みたいな感触でした。

乳絞りを終えて動物触れ合いコーナーに戻ると、子豚の囲いにヒヨコが乱入(?)。



そうかと思うと、第一奴隷の頭に聖水を賜る女王様の姿も。



さて、この手のイベントに付きものといえば、試食コーナーですね。もちろん今回もありましたよ~。


ローズポークを調理中

が、整理券が必要だったり、買い物すると引換券がもらえたりするシステムで、動物と遊んでいるうちに午前の分は出払ってしまいました(涙)。朝食抜きで来たっていうのに!

仕方がないので、ローズポークの匂いにそそられて餌やりコーナーの牛のごとく涎を垂らしながら、整理券不要の牛乳を試飲。



生キャラメル作りの実演コーナーでもらってきたキャラメルを食べても、お腹の虫は収まりません。



ということで、試食コーナーではこれといって収穫ないまま早々に畜産センターを後にし、すぐ近くの常陸風土記の丘で食事をすることにしました。

江戸時代後期に建てられた家屋「曲屋」が、そのまま屋号になった『御食事処 曲屋』。玄関を入ると広い土間に囲炉裏があったりして、なかなか風情のある建物です。



今回食べたのは韋駄天そばと風土記うどん。

韋駄天そばにはダチョウの肉が入っています。なぜダチョウかというと、近くにダチョウ王国石岡ファームという観光牧場があるから。地産地消ってやつですな(ちがっ)。白くて細長い物体は長芋です。



こちらは風土記うどん。まぁ普通の山菜うどんですかね。



食事が済んで腹の虫が収まったところで、腹ごなしに園内を散歩。日本一大きな獅子頭があるということで行ってみると、丘の上にドでかい獅子が!



なんじゃこりゃですわ。別な角度からもう一枚。



人と比べると、どのくらい大きいかが分かると思います。

この獅子頭、中に入れるようになっていて、口の中から外を覗くことができます。覗くと↓のような感じ。



如何せん視界が狭いので、あまり感動的な風景ではありません。

園内には他に、常磐自動車道の建設時に発掘された遺跡の一部を復元したコーナーもありますが、そちらは有料エリアとなっています。



スフィンクスのように遺跡の番をするニャンコはプライスレス。



そんなこんなで、久しぶりのイベントは動物尽くしで終了・・・とはならず、せっかくなのでつくばまで足を伸ばし、コートダジュールでケーキを買って帰ってきましたよ。



ウマーでした(高いけど)

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ にほんブログ村 花・園芸ブログ フルーツ栽培・加工へ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
お出かけ系 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。