So-net無料ブログ作成

ビニールハウスの移設(その3) [DIY]

解体したハウスのパーツは、実家の軽トラを借りて自宅に運びました。そのまま組み立てられれば話は早いのですが、そうはいかない理由があることは、その1に書いた通り。理由を書く前に、まずは移設先の写真をば。



移設先は、自宅敷地内の南西の一画です。杭を打ってあるあたりに、四つ角のパイプが立つことになります。いちおう土か露出していて、つい最近までミニカボチャを栽培していたのですが、ご覧のとおり砂利が混じっています。写真の左側の杭のあたりは、かつて車が出入りしていたため、土が固く締まっていて、とてもパイプが刺さるような状態ではありません。

更に厄介なことに、この区画にはドクダミが結構入り込んでいて、このままハウスを建てた日には、ハウス内でドクダミを栽培することになりかねません。去年買って読んだ『食べる薬草事典』によると、ドクダミを焼酎に漬け込んだドクダミ酒はかなり美味しいらしいですが、まだその境地には達していないので、すべて掘り起こしてふるいに掛け、砂利と共にドクダミを取り除くことにしました。

いったい、いつ終わるのだろう…と嘆いていてもしかたがないので、とりあえずツルハシとスコップで一面を掘り起こしました。



予想はしていましたが、こんな石ころがゴロゴロと出てきます。



ちなみに、土を振るうのを手作業でやっていては、ホントにいつ終わるのか分からないので、Youtubeや諸々のブログ記事を参考にして、電動式のふるいを作成してあります。



↓の台のキャスター部分にふるいを載せ、右端の枠の部分にジグソーという電動工具を固定します。そして、ふるいの金具をジグソーに接続すれば、往復運動して土を振るうことができるという仕組み。



ふるいを載せるための台(ウマ)も作りました。



ウマの間に手押し一輪車を置き、ウマの上で土を振るえば、砂利が除かれた土が一輪車の船に溜まるというわけ。ふるいの奥側の枠板は取り外し可能にしてあるので、ふるいを傾けて設置すれば、ふるいの目よりも大きい砂利は、一輪車の先に落ちるはずです。

今日は時間がなかったので、試運転は明日行うことにしました。


全然関係ないですが、昨日行った道の駅でポポーを売っていたので買ってきました。今年、我が家のポポーも初めて花を咲かせましたが、残念ながら結実せず。ですので、これが生まれて初めて食べるポポーです。



トロピカルフルーツ的な強い香り、味は濃厚で甘く、柔らかくなったバナナみたいな食感でした。皮の近くは少しエグみがあるので、美味しいからと言ってあまり欲張らないほうが良さそうです(笑)。出てきた種を蒔くのは、言うまでもありませんね (^o^)

↓はポポーの花です。下向きに咲くので、下から撮影しています。虫が来ていたんですけど、一本だと結実しにくいんですかねぇ。


(2017年5月16日撮影)


にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ にほんブログ村 花・園芸ブログ フルーツ栽培・加工へ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。