So-net無料ブログ作成

パイナップルの再生に挑戦(その1) [果樹・小果]

昨日のDASH村@鉄腕DASHで、パイナップルの栽培・収穫の様子を放映していましたが、実はウチでも去年からパイナップルを栽培しています。

きっかけは去年の6月。仕事関係で参加した某パーティーにて、フルーツの盛り合わせが出てきました。その大皿に載っていたパイナップルのヘタを見て、ヘタからパイナップルが栽培できることを思い出したのです。給仕係の人に無理言ってこれを持ち帰り、鉢植え、所謂 “クラウン挿し” にしたのが栽培の始まり。

 
パイナップル初號機(左:2008年6月28日/右:2008年7月21日撮影)

低温には弱いので冬場は保温が必要なんですが、手狭なアパート故、室内では引っくり返す可能性が高いし、結構場所を取るので邪魔。ですので、日当たり最高の実家の廊下で冬越しさせました。

無事に冬越ししたのを引き取ったのが今年の6月頃。その後も特に問題なく生長を続けており、この夏で一回りくらい大きくなりました。

 
パイナップル初號機(2009年8月23日撮影)

植えてから収穫までは2年くらいらしいので、来年は開花・結実といきたいところです。

続いては去年の7月。会社の後輩が学会発表のため沖縄に出張したのですが、その時の土産としてスナックパインを会社に持ってきました。土産に生モノ、てのもスゴイなぁと思いながら、既にヘタを持ち帰ることしか頭になかったのは、再生研究者のとして当然のことであります。

総務の女の子に捨てられないよう「ヘタは持ち帰ります」のメモを残しておき、その日のうちに持ち帰ったヘタは、果肉の部分をそぎ落として乾燥させた後、再びクラウン挿しに。


パイナップル弐號機(2008年7月21日撮影)

スナックパインは小振りなので鉢も小さくてOK。それをいいことに自宅の室内で冬越しさせたのですが、室温が低すぎたのか、次々と葉っぱが枯れて、一時かなり危険な状態になってしまいました。半分は諦めていましたが、暖かくなってからは何とか持ち直して生長しております。


パイナップル弐號機(2009年8月23日撮影)

ちょっと葉っぱの数が少なくて、心もとない感じがしないでもないですが、まぁこちらも来年に期待ですね。

(以下、その2に続く)

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ にほんブログ村 花・園芸ブログ フルーツ栽培・加工へ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。