So-net無料ブログ作成
検索選択
果樹・小果 ブログトップ
前の10件 | -

ベリー類の収穫予約 [果樹・小果]


よっしゃ、久しぶりの連続更新! 昨日は野菜について書いたので、今日は果樹について。

今年はベリー類が好調です。もっとも、プランターで栽培しているストロベリー(イチゴ)は、全然手を掛けなかった(株の更新すらしなかった)ので惨敗でしたが、その他のベリー類は、とにかく好調。

まずはクーズベリー(西洋スグリ)です。



今年はとにかく実付きがいい。こんなに付いたの初めてじゃないかなー。この鉢の他に、剪定した枝を挿し木して株分けしたのが4鉢(5鉢だったかな)ほどあって、そちらにも少し実がついています。まだ色付いていないので、収穫はもうちょい先ですね。

お次はマルベリー(ヤマグワ)。



購入してから4、5年くらい経ったような気がします。最初に植えたきり、一度も植え替えしていないですが、順調に大きくなって、実付きも良くなってきました。色付き始めたので、今週中には収穫できそうです。ウチの栽培しているベリーの中では、ダントツの甘さで美味しいです。

お次はブルーベリー。ウチでは3株を鉢栽培していますが、そのうちの2株が好調です。



↑は小さい鉢の方ですが、今年の実付きは過去最高。大量の実が付いて、重さで枝が枝垂れています。

この株、以前はほとんどならなくて、一時は枯れてダメになりそうなくらい貧弱でしたが、見事に持ち直しました。

もう一株は大粒の実がなるタイプ。



花芽の段階から、今年はなりそうと思っていましたが、こちらも過去最高かな。実が大きいので、収穫し甲斐がありますね。この隣に同じく大粒タイプがもう一株あるのですが、そちらはほとんど花芽が付かなくて、今年の収穫はお預けです。

ブルーベリーも、全部地植えしたいと思っていますが、整地作業が全然進みません。

続いては、我が家のシンボルツリー、ジューンベリーです。去年は、前のアパートから移植して初めてのシーズンだったのでイマイチでしたが、今年は樹勢を取り戻して、たくさんの実が付いています。



冬場にヒヨドリの大群が押し寄せてきていたので、どうせほとんど食べられちゃうんだろうなー、なんて思っていましたが、今のところ大した被害は受けていません。つがいと思われるヒヨドリが毎日やってきて、何粒かずつ食べていくだけです。むしろ、あちこち少しずつ摘まみ食いしていくスズメの方が厄介な感じ。

前のアパートでは、近くに住んでるヒヨドリが毎日やってくるもんだから、鳥除け対策をしたこともありましたが、自然が豊かな場所なので、他にも食べるものが豊富にあるんでしょうね。



この週末に、色が濃くなったところから収穫しました。土曜と日曜に、写真のザル(浅く見えますが、ボールと同じ型です)にそれぞれ一杯ずつ、合計で約3キロ弱の収穫でした。それでも、なっている量の5~4分の1くらいかな。樹の高さは3メートルちょいくらいだと思いますが、持っている脚立が低いので、残念ながら上の方は取れません。ヒヨドリ夫婦には、上の方から食べるように言っています(笑)

今年は柑橘系にも期待しています。

冬の間、外に出しておいたら枯れ掛けたテーブルレモン(軒下に置いてあったのですが)。



暖かくなったと思ったら、あれよあれよという間にたくさん芽吹いて花が咲き、着果し始めました。購入してから5年くらい経つと思いますが、今までに収穫できたのは一個だけという惨敗続きなので、今年は頑張ってほしいです。冬は室内に入れてあげるので(笑)

ちなみに、同じように外に出してあったキンカンの“ぷちまる”は、枯れてお亡くなりになりましたので、新しい株を買いました。ついでにサイパン・レモンとタンゼロ種のハルカも仲間入り (^o^) 初めて食べたデコポンがめっちゃ美味しかったので、不知火の株も仲間入りさせたかったのですが、今年は他に、ユスラウメとプラムを買ったので、断念しました。

お亡くなりと言えば、キンカンの他には、アンズが結局一度も収穫できずに昇天。クランベリーは冬越ししたと思っていたのですが、最近気づいたら徐々に茶色に変色してきていて、回復せずに枯れてしまいそうです。

クランベリーはともかく、アンズはリベンジする。



にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

キウイフルーツの剪定 [果樹・小果]

昨日から年末・年始の休みに入りました。今年は休み期間のど真ん中に土日が入ってしまって、年末が3日、年始が3日しかないため、やろう思っていることを計画的にこなそうと思っています。

そんなわけで、昨日は実家に行ってキウイフルーツの剪定を済ませてきました。

剪定前の全体像です。手前のあたりは3週間前に剪定したのでスッキリしていますが、奥の方はここ数年で伸びた枝で全く手入れをしていないため、巻き蔓も枝も伸び放題になっています。



↓は剪定後の全体像です(剪定前の写真とアングルが異なっていますが)。込み合っていたところはバッサリと落としました。立枝が少し残っていますが、少々強引に誘引した雄木の枝が数本折れてしまったので、枯れた時の保険として取っておくことにしました。



棚の下から見た写真です。剪定前はゴチャゴチャです。



同じ場所の剪定後。スッキリ!



剪定後の枝は、太枝を除いて生木のうちにチップ化し、堆肥にしてリサイクル。中古の藁切りカッター(電動式)ですが、これはメッチャ便利!! 自宅にも欲しいです。



8月のエントリに書いたように今年は大豊作で、数百個の収穫がありました。職場に100個くらい持って行って配ったほか、ジャムや果実酒にして保存してありますが、それでもなお普通サイズが100個くらい、生食に向かない小さいサイズが200個くらい残っています。


普通サイズはほぼ毎日、せっせと消費中。熟したキウイは甘くて美味しい (^o^)



小さいサイズのものは、完熟させてから皮をむいてハンドミキサーで潰し、ワインを仕込む予定です。


タグ:キウイ

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

キウイフルーツ豊作予約 [果樹・小果]

今日は用事があって実家(車で10分弱)に行ったのですが、そのついでに実家で栽培しているキウイフルーツの様子を見てきました。

株は父が植えたもので、軽く10年は超えているはず(父が他界してから約8年ですが、それよりもっと前からあったと記憶しているので)。父が死んでから数年は、適当に邪魔な蔓を切って肥料をやって、あとは収穫まで放置という状態でしたが、4, 5年前から冬季剪定、施肥、摘果、夏季剪定など、それなりのことを私がやるようになりました。

その甲斐あってかどうかは分かりませんが、一昨年あたりから大玉のキウイが穫れるようになり、今年は(自分が知ってる限り)過去最高の大玉収穫になりそうです。



キウイの隣にはブドウが植えてあったようですが、そちらは父が生きている間に枯れてしまって、棚のスペースが空いていました。今ではその空きスペースにキウイの蔓がだいぶ伸びて、収穫量も年々増えています。(別の一角からアケビが侵攻中ですが。)



蔓が伸びた分、摘果(大きくなる前に余分な実を摘み取る作業)が大変で、今年は恐らくピンポン玉くらいの実を500個くらいは摘果して捨てていると思います。もちろん堆肥として積んではいるのですが、やはり勿体ない気がして後ろめたいのも事実。摘果した実の使い道……何かあるといいんですがねぇ。

ともあれ、今年の収穫が楽しみです。

台風で落ちるのはご勘弁。

タグ:キウイ

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

小果の収穫 [果樹・小果]

二年前の記事が暖地桜桃だったのを見て、そういえば今年は結構穫れたのを思い出しました。


(2016年5月16日撮影)

まだ鉢植え状態で育てていて、それほど大きくなったわけでもないですが、実付きは確実に良くなっています。今年はこんなに穫れました。


(2016年5月16日撮影)

ナメクジの被害がなくなり、わざわざ部屋の中に退避させずに済むのが嬉しい (^o^) なぜかこの時期は、ヒヨドリの被害にも遭いませんでした。

現在は新芽が伸びつつあります。今年の年末には一回り大きい鉢に植え替えて、来年はもっと多く収穫できるようにしたいですね。

そして、今が旬なのはブルーベリー。今年は大粒の実がなっております。



この株は某社のキャンペーンでもらったもので、植え付けてから8年くらい。ブルーベリーは全部で3株ありますが、これらはそのうち地植えにするつもりです。

ブラックベリーも収穫期ですが、今年の収穫量はいま一つ。



ブラックベリーは花が綺麗なので、できたらこれも地植えにしたいところですが、繁殖力が旺盛なので管理が大変なんですよね~。実家の庭に株分けしたのですが、それが凄いことになっているのを見ているので、躊躇しています(笑)


こちらは可愛い赤い実のクランベリー。色付き始めたところで、収穫はもう少し先です。



こちらも地植えにしてたくさん収穫できるようにしたいですが、これがまた、地這いの蔓を伸ばして蔓延りそうなので、どうしたものかと考えあぐねています。蔓の間に雑草が生えると面倒だし…。


この他、既に収穫は終了しましたが、ラズベリーとグーズベリー(房スグリ)が豊作、マルベリー(ヤマグワ)も確実に収穫量が増えました。マルベリーは大きくなるので鉢で育てますが、株立ち状になる小果類は庭の一角に地植えにして、ベリー園を作りたいです (^▽^)/

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

季節のお便り [果樹・小果]

ご無沙汰しております。(って、またこれかい!)

月に一度、なんてどこ吹く風やら、もう既に4ヶ月経ってますね。しかも前回のエントリーは寒さに震えながら書いていたのに、昨日・今日と30度越えって・・・。もはや季節のお便りと化してるし。

仕込んだお味噌は順調です。ひと月ほど前に一度開けて天地返ししましたが、今年はカビも発生していないし、あと2ヶ月もすれば食べられると思います。

季節は巡って、庭の果樹が収穫時期を迎えております。10日ほど前に、暖地桜桃というサクランボを収穫しました。去年はナメクジやヒヨドリに食べられてしまい、結局一つしか収穫できなかったので、今年は思い切って部屋の中に鉢ごと仕舞い込んで収穫まで管理。



スリットの隙間から夜毎這い出してくるナメクジを退治しながら待つこと10日、無事収穫と相成りました \(^o^)/


(2014年5月21日撮影)

まだ3年目なので数は少ないですが(ちょっとでも色付くとヒヨドリがやってきて丸呑みしてたので、ホントはあと5つくらいあった)、収穫後はすぐに外に出して枝を剪定したので、これから出てくる新芽の付け根部分に、来年はたくさん実が付くことを期待しています。

そうこうしているうちにスズメの雛も巣立って、元気に餌を啄ばんでいたのですが、


(2014年5月26日撮影/頭の色の薄い手前のスズメが雛)

ここ数日の間に俄かに色付いてきたジューンベリーの実を食べ始めました。もちろんヒヨドリも我が物顔でやってきては食べていくので、最近とみに重くなっている腰を上げて、本日はジューンベリーを収穫。

今年は過去最高の成り具合なのですが(何しろ剪定してないので、伸びた枝に次から次と実が付く/汗)、いざ収穫!と勢い勇んでよく見てみると、熟した実は大部分が突かれていてアウト。スズメがジューンベリーを食べるのを見たのは今年が初めてなので、めずらしーと思って悠長に構えていたのがマズかったようです。

それでも頑張ってザル一杯分採りました。


(2014年6月1日撮影)

まだ色付いていない実もたくさんあるので、収穫第二弾で、同じザルに半分くらいは採れるかなと思います。

ジューンベリーが終わると次はブルーベリー。さすがにスズメは食べないと思いますが、厄介者のヒヨドリ(10mくらい先の庭木に棲んでて、毎日我が家に偵察に来てる)が去年も喰いまくってたので、何とかしないと・・・。と思いつつ、さすがに8号鉢二つを部屋の中に入れるのは無理なので、畑用の不織布でカーテンでも作ろかと思案中です。


(2014年4月12日撮影/ジューンベリーの花)


にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

ジューンベリー収穫 [果樹・小果]

またまた御無沙汰です。

5月末になんとか納品を済ませ、気分的にはちょっと楽になったのですが、残作業に追われて相変わらず忙しい日々が続いています。早く開放されたいのは勿論なのですが、次の仕事の納期が8月末とかいう噂もあって、ちょっと怖いです。

さてさて、前回の更新から1ヶ月近く経つので、庭も畑もだいぶ様変わりしています。写真は撮り溜めてあるのですが、とりあえず今日は最新の話題から。

4月の中旬に開花したジューンベリーが無事に結実し、いよいよ色付いて収穫の時期になりました。



今年は開花も遅かったので、収穫も1週間くらい遅れています。実付きは例年よりちょっと少ないかもしれません。



近所に住んでいるヒヨドリが来るようになったので、昨日から収穫を始めました。



上の写真は昨日収穫した分です。今日の午前中に、これよりちょっと多く穫ったので、今のところザルに半分くらいでしょうか。

実家から脚立を借りてきたので、明日の朝は上の方に生っている実を収穫します。今年は鳥除けを設置しないので、ヒヨドリと競争です。と言っても、どうせ留守の間に悠々とつまみ食いしているのでしょうけどね。

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

芽吹き(その3) [果樹・小果]

茨城県ひたちなか地方、今日はスゴイ風でしたよ。昨日、ナスやピーマンなどの苗を植え付けてトンネルを掛けたのですが、あまりにも強い風だったので、午前中に補強しに行きました。その後も夕方までずっと強風が吹き荒れていたので、どうなっているかちょっと心配です。

さて今日は、芽吹きシリーズの第3回。更新をサボっている間にスッカリ花の季節になっていますが、まぁせっかくですので・・・。

今回は再生果樹の芽吹きです。まずはブドウから。



冬の間は葉っぱが一枚もなくなる上に表皮が茶色なので、まるで枯れたようになりますが、ちゃんと生きているんですねぇ。今年はどれくらい大きくなるでしょうか。

続いてはこちら。ザクロ(左)とタンカン(右)です。



ザクロは散歩中に拾った種からスタートし、3度目の春になります。冬場は葉が落ちて枝だけになりますが、4月になると一気に新葉が出てきて写真のとおり。花が咲くのは何年後でしょうね。

タンカンは毎年沖縄から買っていて、取った種を蒔いたもの。播種したのが2008年の6月ですので、もうすぐ丸3年です。枝先を見ると新芽がたくさん出ているので、今年も良く育つでしょう。夏場はアゲハの幼虫が食害するので、注意を払わないとアッという間に枝一本が丸裸になります。

お次はマルベリー(山桑)の挿し木です。



去年収穫したのが余りにも甘くて美味しかったので、どうしても育ててみたくなり、2月下旬に枝を少し頂戴してきました。無事に発芽したので一安心です。今シーズンはこのまま育てて、根が充実するのを待ちます。

室内に移動しましょう。まずはカリンから。



ほとんど期待せずにピートパンに蒔いておいたら、3月になって次々と発芽しました。鉢上げして1ヶ月弱、順調に生長しています。ピートパンにもまだ残っていて、どうしたものかと思案中。こんなに育てられない。



カリンの周りにあるのはキウイフルーツです。去年の秋に蒔いておいたのが、やはり3月になってから一気に発芽しました。



種蒔きしてすぐに発芽したのもあったのですが、鉢上げしたらあっという間に枯れたので、しばらくはこのまま育てることにします。確かゴールドとグリーンの2種類蒔いたはずですが、もうどっちがどっちかは分かりません。

去年種蒔きしたライチにも新芽が出てきました。



6本のうち3本は寒さで枯れてしまいましたが、残った3本はいずれも新芽が出ています。防寒をしっかりすれば、なんとか冬越し可能だと分かりましたので、大事に育てていきたいと思います。

最後はアボカド。これも去年発芽したものです。摘心した箇所から新芽が出てきました。



ここはウチで一番日当たりがいい場所で、冬場も昼間はここに置いてあったのですが、葉焼けが結構ひどいので日光が強過ぎるのかもしれません。ライチよりは寒さに強いので(奥に写っているのは枯れ掛かったライチです)、冬越しは問題ありませんでした。この夏どれだけ生長するのか、楽しみです。

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

芽吹き(その2) [果樹・小果]

前回の続きで、ベリー系からいってみましょう。まずは「500円玉くらいの実が成る」という触れ込みに即買いしたラズベリーの仲間、プチルビーです。蕾がたくさん付いてます。



去年も花はたくさん咲いたのですが、500円玉どころか一つも実が付きませんでした。購入してからもうすぐ丸2年が経ちますので、そろそろ収穫してみたいですね~。今年は花が咲いたら授粉作業をしてみます。


お次は普通のラズベリー。今年の春先にプランターに植え替えて、トレリス仕立てにしました。枝の先からも芽が出ていますが、株元からの新芽もこれまでより旺盛です。



今年仲間入りしたイエローラズベリーは行灯仕立て。こちらも株元からのシュートが元気。枝先の新芽は今ひとつなので、収穫はあまり期待できないかも。




続いてはレッドカーラント、和名だと赤フサスグリ。枯れ枝を取り除いて追肥するくらいで、ほとんど何の手入れもしないのですが(というより手入れの必要がない)、毎年よく実が付きます。



フサスグリのフサは、もちろん「房」のことです。枝の先端近くに房状の花芽がたくさん付くので、枝先を切り詰めると収穫できなくなります。



最近はレッドカーラントをカシスとして販売しているところもあるようですが、ウィキペディアのフサスグリの項を見ると、カシスって呼ぶのは黒スグリだけのようですね。


本日のラストはキウイフルーツです。前に住んでいた人が栽培していたもので、引っ越してから数年は、キウイと知らずに毎年切っていました。たまたま切らずにいたらグングン伸びて、初めてキウイと判明。2年前に場所を移し変えて、今年で栽培3年目になります。



キウイは雄株と雌株があって、どちらか一本では結実しません。株は一つしかなかったので、恐らく接木して栽培していたのではないかと思うのですが、株元から切ってしまっていたので、残っているのは雄株か雌株のどちらか一方です。花が咲けばどちらか判別付くはずですが、これまでの2年はそれも叶わず。どちらの株か早くハッキリさせたいものです。

(以下つづく)

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

芽吹き(その1) [果樹・小果]

ひたちなか地方、今年の春はなかなか気温が上がらず、肌寒い日が続いていました。先週になってようやく暖かくなり、一気に桜が開花したようです。震災があって仕事も忙しくて、桜のことなんて気に留める余裕がなかったので、ピンク色に染まる並木に気付いた時には、なんとなく置いてけぼりを食ったような気分になりました。季節はすっかり春ですね~。目覚めが悪いのもそのためか(昼間も眠いけど)。

そんな陽気なので、庭の木々も一斉に芽吹き始めました。

4年目のサクランボです(品種は高砂)。去年に比べて一段とたくましくなりました。花芽もたくさん付いているので、去年より収穫が期待できそうです。もう一本の佐藤錦も芽吹き始めましたが、開花時期が合うかどうかが問題です。



ブラックベリーは例年通り元気です。去年はたくさん収穫できて、まだ冷凍庫に入れたのが残ってるくらいですが、仕立て直しで結構バッサリと剪定したので、去年ほどは穫れないかもしれません。



ブルーベリーの新芽を正面から見たところ。まさに開花準備中ですね。植えつけてから三季目で株も充実してきたので、大きな実をたくさん付けてくれることを期待しています。



我が家のシンボルツリー(借家だけど)、ジューンベリーの新芽です。去年は4月に入ってすぐに開花し、今頃は満開でしたが、今年はまだ咲いていません。でももう、時間の問題ですね。あと2日もすれば開花するでしょう。



(以下つづく)

にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

果樹の植え替え(その2) [果樹・小果]

ここのところ比較的暖かい日があったりして、だいぶ春っぽくなってきましたね。庭に植えてある梅の木も、チラホラと咲き始めました。

 

植えてから5年くらいですが、すぐ横で剪定屑を堆肥化しているので(チップ化した剪定屑を積んで、たまに米糠を撒いている)、生長具合はかなり良好です。でも、植えてあるのが道路際で大きくはできないため、今年は結構バッサリと剪定しました。



元々は会社の後輩が引越しした時に、自治体からもらった記念樹を譲り受けたものです。品種も何も不明ですが、一昨年は3個、去年は10個くらい実が付きました。いずれも放置してしまいましたが、まとまった量が付いたら収穫して、梅酒でも造りたいですね。

さて、昨日は果樹の植え替え第2弾を行いました。



後列はイチジク(植え替え)、前列左からオニグルミ、プルーン、白イチジクです(いずれも新規購入)。ポポーは先週、一足先に植え替えを終えています(なので正確には植え替え第3弾か)。

イチジクは夏場の水切れ要注意なので、植え替えのイチジクは植え替え前より2回り大きい鉢にしました。今年はたくさん穫れることを期待しています。プルーンは枝が立ち過ぎているので、近いうちに針金掛けて枝を開いてやる予定です。

今年購入した苗木の植え替えはこれにて完了! あとは実生栽培の果樹がいくつかあるので、それらの植え替え、そして保存してある種の植え付けも行う予定です。

おまけ:水仙も咲いています。



にほんブログ村のブログ・ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
前の10件 | - 果樹・小果 ブログトップ